スーパーファミコンで一番好きだったRPG「ゼルダの伝説」

ファミリーコンピュータの後継機であり、任天堂の人気ゲーム機の一つであったスーパーファミコンでは実に多くのゲームソフトが発売されてきました。

世界的に有名なスーパーマリオやドラゴンクエスト等のシリーズを筆頭に、アクションからRPGのゲームまで実に幅広いジャンルのゲームソフトが出てきました。
そんなスーパーファミコンのゲームソフト達は今でも当時のゲームファンたちの間でよく語り草になっています。

そんな中、自分がいちばん大好きだったゲームソフトは、「ゼルダの伝説神々のトライフォース」です。

これはファミリーコンピュータでも発売された「ゼルダの伝説」の続編にあたるソフトであり、スーパーファミコンになったことによってグラフィックやゲームシステムが進化し、より奥深いゲームとなっています。

主人公のリンクを操作して、剣や弓矢に爆弾といった多種多様なアイテムを駆使して、様々な敵と戦ったり、ステージに仕掛けられた謎を解いていくアクションRPGのゲームとなっています。
大きな敵を剣技を駆使して打ち倒していくアクションゲームとしての爽快さだけでなく、そこに至るまでに仕掛けられている複雑なパズルのようなトラップを多くのアイテムやプレイヤーの頭脳を活用してクリアしていく、実に奥の深い作品となっています。

また、その壮大な世界観は飽きること無くプレイヤーを魅了し、一度クリアしてしまっても何度でも遊んでしまう面白さがあります。
これらのことから、ゼルダの伝説はスーパーファミコンの名作の一つとして今でも広く人気を得ています。

<span class="genericon genericon-category"></span>